年金と介護問題に立ち向かい老後の不安を解消
人生90年時代
シングル女性お1人様年金リスク
ワンルームマンション投資
  • お客様の声
  • ご予約・お問合せ個別相談のご案内
  • 最新セミナー・イベント情報
  • ブログ
  • Facebook
  • 会社概要
  • ビジネスパートナー募集

独身女性OLからの相談が多い理由

こんにちは。

 

ご覧いただき有り難うございます。

 

お題の通り「独身女性OL」からの相談が多いのです。

 

現実から目を背けている女性も多いですが、

 

40歳を過ぎた頃から老後の生活につて不安を感じ始め、

 

ご相談いただいています。

 

相談内容は「老後の生活資金」「終活」についてがトップです。

 

理由・・・・

 

長生きしたらどうしょう? 女性の老後は長いのです。

 

イメージとしてすが今65歳の女性の2人に1人は90歳まで生き、

 

4人に1人は95歳まで生きる。

 

60歳までOLとして働いた後、95歳まで生きるためには、

 

いくら必要なのでしょうか?

 

35年間の生活費が必要となりますが、

 

いったいいくら貯金したら?

 

既婚女性と大きく異なるのは、

 

男性配偶者の年金収入が無いという点です。

 

一般的には男性の方が生涯賃金が高いため、

 

厚生年金保険料も高く納めています。

 

女性の場合の国税庁の給与統計によると、

 

女性の平均収入は35歳で頭打ちする傾向にあります。

 

一部の例外を除けば歳を重ねるごとに、

 

収入がダウンする女性が多いのも事実です。

 

やはり将来の頼みの綱は年金を頭に思い浮かべますが、

 

この長寿国日本の台所事情では、

 

減額と支給先送りが濃厚な雰囲気が・・・。

 

では、働けは良い!その通りなのですが、

 

最近やっとテレビにも登場するようになった「健康寿命」。

 

60以降も健康な年齢までしか働けません。

 

それどころか治療費・介護費・介護施設入所費用も必要に。

 

そして、子供がいないので、子供からの援助も期待できません。

 

(ただ最近は子供が働かず、逆に老後の年金から成人した
子供を養うケースも多いです)

 

なるべく若いうちに考えた方が良いですが、

 

何歳でも気付いたときに考えることをお勧めします。

 

どうしたら良いの?

 

一緒に考えてみませんか?

 

今日も長い文章を最後までお読みいただき有り難うございました。

 

「感謝」