年金と介護問題に立ち向かい老後の不安を解消
人生90年時代
シングル女性お1人様年金リスク
ワンルームマンション投資
  • お客様の声
  • ご予約・お問合せ個別相談のご案内
  • 最新セミナー・イベント情報
  • ブログ
  • Facebook
  • 会社概要
  • ビジネスパートナー募集

独身女性OLからの相談が多い理由

こんにちは。

 

ご覧いただき有り難うございます。

 

お題の通り「独身女性OL」からの相談が多いのです。

 

現実から目を背けている女性も多いですが、

 

40歳を過ぎた頃から老後の生活につて不安を感じ始め、

 

ご相談いただいています。

 

相談内容は「老後の生活資金」「終活」についてがトップです。

 

理由・・・・

 

長生きしたらどうしょう? 女性の老後は長いのです。

 

イメージとしてすが今65歳の女性の2人に1人は90歳まで生き、

 

4人に1人は95歳まで生きる。

 

60歳までOLとして働いた後、95歳まで生きるためには、

 

いくら必要なのでしょうか?

 

35年間の生活費が必要となりますが、

 

いったいいくら貯金したら?

 

既婚女性と大きく異なるのは、

 

男性配偶者の年金収入が無いという点です。

 

一般的には男性の方が生涯賃金が高いため、

 

厚生年金保険料も高く納めています。

 

女性の場合の国税庁の給与統計によると、

 

女性の平均収入は35歳で頭打ちする傾向にあります。

 

一部の例外を除けば歳を重ねるごとに、

 

収入がダウンする女性が多いのも事実です。

 

やはり将来の頼みの綱は年金を頭に思い浮かべますが、

 

この長寿国日本の台所事情では、

 

減額と支給先送りが濃厚な雰囲気が・・・。

 

では、働けは良い!その通りなのですが、

 

最近やっとテレビにも登場するようになった「健康寿命」。

 

60以降も健康な年齢までしか働けません。

 

それどころか治療費・介護費・介護施設入所費用も必要に。

 

そして、子供がいないので、子供からの援助も期待できません。

 

(ただ最近は子供が働かず、逆に老後の年金から成人した
子供を養うケースも多いです)

 

なるべく若いうちに考えた方が良いですが、

 

何歳でも気付いたときに考えることをお勧めします。

 

どうしたら良いの?

 

一緒に考えてみませんか?

 

今日も長い文章を最後までお読みいただき有り難うございました。

 

「感謝」

 

相続税が掛からない人による紛争の割合は74%

ご覧いただき有り難うございます。

 

今日は「相続税が掛からない人による紛争の割合は74%」

についてです。

相続について考えていますか?の質問に対して、

大半の人は「うちはお金が無いから相続は

関係無いね」とおっしゃいます。

でも相続ってお金・税金だけじゃないのです。

それを気づいてもらい相続が争続にならないように

してもらうのが、私の役目です。

上の表は「遺産分割金額の金額別訴訟割合」です。

見えにくいと思いますが・・・・・

赤の30.9%が相続資産合計 1,000万以下

オレンジの43.3%が相続資産合計5,000万円以下です。

この金額は現金のみでなく、持ち家・土地などの

不動産など含んでの金額のため、現金5,000万も

無いからと判断を誤らないでくださいね。

家庭裁判所に持ち込まれる相談数も年々増加して

1年で18万件です。

この数字に家庭裁判所に持ち込まれてない

争続件数は含まれていないため、

統計以上の数字であることは間違いありません。

(家庭裁判所に持ち込まれない争続は表に出ないためです)

次の機会からは、どんなことで揉めてしまうのか?

を書いていこうと思います。

最後までお読みいただき有り難うございました。
「感謝」

「相続診断士」になりました!

相続診断士」になりました!

おはようございます。
全く私事で恐縮ですが、

昨日、一般社団法人 相続診断協会の「相続診断士試験」に
合格させていただきました。
★ファィナンシャル・プランナー
★エンディングノートナビゲーター
としての終活のお手伝いをさせていただいている私には、

必要な資格と認識してのチャレンジでした。
私は資格マニアではないので、資格を取るのが目的ではなく、
私自身が皆様にお役に立てる新鮮な情報を常に仕入れ、
お届けする役目を果たすのが使命と認識しています。
エンディングノートから入り書き出していくと、
人によっては深刻な相続の問題が現れます。
そんな時には的確なアドバイスを行い、
時には専門家に繋ぐのが私の仕事となります。

そして笑顔の相続へと導きます。

この数週間は、日常の仕事が終わり
少し仮眠をとった後2時頃まで勉強し、
朝4時半に起床し6時まで勉強と、
久しぶりに勉強する「おじさん?」となっていました(笑)
自分のために・お客様のために・・・日々勉強と考え毎日を歩きます。
今回のブログは全く私の事ですみません(_ _)
でも長い文章を最後までお読みいただき有り難うございました。
「感謝」

40代前半の団塊ジュニアが定年を迎えたら・・・

40代前半に当たる団塊ジュニアが定年を迎えたら、9割が貧困化する?

 

先日ある雑誌の特集記事を読む機会があり、

 

書いてある記述は常に私が相談者の方にお伝えしていることでした。

 

日本人の中流層と呼ばれる平均給与414万円でも

 

定年後は貧困化してしまうと記述されていました。

 

今の40代前半に当たる団塊ジュニアは4割程度が非正規社員・従業員です。

 

平均年収は200万~400万円が中心帯。

 

この水準だと、定年後の年金受給額は月額8万~10万円となり、

 

生活保護を受給すべき最低ライン付近です。

 

しかし、大半の人の危機感はとても薄く感じます。

 

老後を少し想像してみてください。

 

持ち家は古くなり補修費用もかさみます。

 

固定資産税も必ず毎年必要です。

 

賃貸の場合は住み続ける限り家賃は発生します。

 

このように、もっといろんな事が起きてくるのかもしれません。

 

例えばご自身や家族の病気や介護、認知症。

 

一昔前は成人したら働くのがあたりまえだったはずの

 

子供が独立せずに家に居つく。

 

ご自身が働いていた現役時代には想像できないような

 

状況が起こりうるのです。

 

将来のことは誰にもわからないからこそ、

 

少しでも早くコツコツと老後に備えて、

 

準備される事をお勧めします。

 

セカンドライフを真剣に考えたい方、

 

どうしたら良いの?興味のある方はお問い合わせください。

 

今日も長い文章を最後までお読みいただき有り難うございました。

 

「感謝」